2005年08月12日

エラッタ&FAQ

ついにエラッタとFAQが出ました。
http://homepage3.nifty.com/killmark/SSeratta.html
http://homepage3.nifty.com/killmark/SSfaq.html

大きな変更点は自動再生が延ばしにくくなったところ。
今更言われても(笑)
まあ、戦闘の緊張感を激しく削ぐので、これくらいで良いと思います。
posted by かにぱんだ at 00:15| Comment(39) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

異端解説 「トーテンタンツ」

ゾンビ。
ゾンビといえばトーテンタンツです。
直接的な能力が多い割りに攻撃力は低く、PCに致命傷を与えるのは難しいでしょう。
防御力、回復力も低いためにばたばた倒されていきます。
最初の敵としては文句ありませんが、PCがこのゲームを簡単だと誤解してしまう恐れがあります(笑)
 
☆能力解説
スロードラッグ(Z・インフェクター)☆☆
 毒性攻撃5は良いんですが、使えるのがメアリとインフェクターだけなのが残念です。
パワードラッグ(R・エンフォーサー)☆
 これを使えばd12+14で殴れます。一発で重傷でしょう。でもやりすぎて致命傷になってしまう場合も…。
ゾンビボム(R・ドクター)☆
 範囲攻撃ですが射程0なので自分も巻き込まれてしまいます。
 以下、使ったらダイス目でどうなるか表です。
  1   頭に重傷です。もうゾンビボムは使えません。
      PCも戦闘で頭使うのはいないのであまり意味はないでしょう。
  2〜4 胴に重傷です。相手は軽傷〜重傷でしょう。
  5〜7 腕に重傷です! ハンドガンもパーツ補給も使えません。ご愁傷様…。
      でも、同エリアにPCのシューター、テクノマンサーがいればしめたものです。
  8〜10 脚に致命傷です。ご愁傷様…。
  11   頭に致命傷です。ご愁傷様…。
  12   ファンブルです('д')
 …こうしてみると、33%で自爆。25%でほぼ戦闘不能。あとは軽微なダメージと、とても使えない能力です。
 最後のとどめや一発逆転(諸共に散華!)を狙うには良いかも知れません。
パーツ補給(R・シューター、R・ドクター)☆☆☆
 唯一の回復方法です。どちらも操作は高いので、重傷〜致命傷クラスでも楽に治せるでしょう。
 
☆陰謀解説
ゾンビパウダー☆☆☆☆☆
 トーテンタンツ最強の陰謀です。配置している人物分、ゾンビが増えてしまいます。
 人物は最低人数は決まっていますが、最大数は決まっていないので百万人出しても大丈夫です(笑)
 これを食らったら、PCは解除が必須だということを理解してくれるでしょう。
恐怖の香☆☆
 発見が-1されますが最低値が1。発見を2にカスタマイズしているPCがいないと意味のない陰謀です。
 が、PCに発見2がいると途端に強力な陰謀になります。脇道を隠しやすくなり、ゾンビパウダーのあるエリアを発見されにくくなります。
 いぶし銀の陰謀です。
足掴み☆☆
 移動が-1されます。移動でスロットを食われることになるのでなかなかいやらしい陰謀です。
スペアパーツ☆☆
 ゾンビの耐久を回復させます。モンスターへのダメージは「負傷」なので一切回復しません。注意です。
 グラップラー、バイターはHPが20あるのでPCの攻撃を二回に一回くらいは耐えられます。
 そんな時にこの陰謀ですが、一箇所に固まる必要が出てくるのでなかなか難しいです。
 
☆モンスター解説
レヴナント・エンフォーサー☆☆
 唯一防御能力を持っています。
 殴るしか能がないので、グラップラーとセットにしてPCの一体を集中攻撃しましょう。
 頭以外はそれなりに硬いので、倒すのに時間がかかるでしょう。でもそれだけ…。
レヴナント・シューター☆☆☆
 二歩づつ移動でき、回復能力を持っており、射程が2です。
 結構戦えます。
レヴナント・ドクター☆☆
 唯一1ラウンドに二回攻撃できますが、一回は前述のゾンビボムです…。
 操作が高いのでハンドガンでも重傷が狙えます。
 
☆モブ解説
ゾンビ・グラップラー☆
 殴る。以上です。良くも悪くも命中部位[胴体]です。エンフォーサー、ドクターと相性がいいでしょう。
ゾンビ・バイター☆
 噛み付きは脚にしか当たらないので数を揃えられればなかなか嫌な相手になります。
 しかし、反応を使う能力は少ないので活躍する機会は少ないでしょう。
ゾンビ・インフェクター☆☆
 スロードラッグは当たれば+5点なのですが、操作が3しかありません。
 しかし、唯一命中部位○○がないゾンビなので、テクノマンサーの腕を潰すにはこいつを使うしかありません。
 腕に当たれば(25%)一発で重傷です!
posted by かにぱんだ at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プレイレポート 「ユグドラシル」2本目

前回はPLが全滅して終わったので、今回は戦闘パートからのリトライとなります。
ここで、ちょっとやってみたいという人が2人も来たので、おそらくサヴェッジ・サイエンス史上初の6人パーティでの戦闘となりました。
編成は
・クマー(胴狙い)
・攻撃号令で合計4回脚に噛み付いてくるディプロマト
・遠距離攻撃系(通称ヘタレ。得意技はファンブル連発)
・ひたすら脚を狙ってくるシューター
・テクノマンサー(攻撃もしてくる)
・テクノマンサー2(回復専門)
でした。

トレント・ブライターの攻撃力が全て「反応」ということで、
そちらをまず潰そうという作戦のようでした。
こちらの陣容は、
・トレント・プランターx3(雑魚を生む、防御、再生、回復、範囲攻撃)
・トレント・ブライターx2(範囲攻撃2回、攻撃、防御、移動)
・トレント・ヒーラーx1(再生3回、回復、防御)
と、やや防御よりの編成にしました。
さすがに前回は大人げ無かったし、ね(とか言いつつモブを使わないところが大人げない)。
まず、ブライターAが集中攻撃を受けて行動不能になります。
これに気を良くしたPCたちは、相手が範囲攻撃ということもあり、部隊を3つにわけて行動します。
そして、これが致命的でした。

いくら致命傷を与えてもどんどん再生するトレントたち。
たまに重傷を与えてもリストーラーを生んで回復してしまいます(毎回3匹生むから一回くらいは回復成功する)。

詳しく書くと、
再生があるので致命傷は無視、重傷だけ防御で止め、それでも止まらなかったら回復。
再生系の能力をフル活用すれば、1ターンに残りの5匹で致命傷6個は直してしまいます。
防御で5回止まって、回復で3個回復します。
プランターは基本的にはスティング(寸断が強いです)を生み、移動したいときや回復したいときにリストーラーを生みます。

結局トレントはその後一匹も倒されず、テクノマンサー二人とシューターがやられた時点でPLは脱出を決意。
遠くにいたディプロマトを見捨てて、熊とヘタレの二人が脱出しました。
ここで時間切れです。

わかったこと
・ユグドラシルは強い。攻撃、防御、回復ともに強力。弱点は移動が弱い。今回はマップも狭かったので唯一の弱点を突けなかった。
・防御系能力があると戦闘が長引く。でも再生無いとモンスターがあっさり死ぬ。サウリアンとか。
・いかに重傷を与えて戦力を削ぐかどうかがポイント。致命傷だと敵味方ともにすぐ回復されてしまう。
・PCはやっぱり3人(やや難しい)4人(普通)が良いんじゃないでしょうか。
・ランク2以降はスロットが増えるので死ににくい。1スロットの差が結構大きい。
・DEPTHとCoCも、ユグドラシルとサウリアン並みに戦力差があるような気がします。
・またこのシナリオかよ。
posted by かにぱんだ at 21:48| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

プレイレポート 「ユグドラシル」1本目

当代最強の誉れも高い、ユグドラシルがやってきましたよ。
今回は5エリアしかない狭いマップです。
エリア3と11にブライター、エリア7にプランターとヒーラーを各1という布陣です。
脱出可能エリアは3です。
 
    3 
   / \
  6 7―8
   \ /
    11
 
調査パートを例によってあっさりクリアされ、PCはエリア8に全員配置しました。
ここで、イニシアチブを珍しくGMが取ってしまったのが運の尽き。
ブライターの枯死4連撃がことごとくPC全員に致命傷を与えます。
攻撃偏重パーティなので、「庇護+(場所に強化)」が一回あっただけです。
パーティ全員の腕、脚、頭が使用不能になり、回復もできません。
移動ができるのはいまだに「うろつく」を使っていたクマのみ。
(特性:0以外の移動系能力は、その部位が潰されると移動できなくなるのでおすすめしません。強いけど。)
結果、クマだけ脱出し、他は全滅という結果になりました。
 
リトライで何とかなるのか!?
次回に続く!!!
posted by かにぱんだ at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月28日

プレイレポート 「トライアル/宇宙帝国」

プレイレポート 「トライアル/宇宙帝国」
東京タワーを占拠し、本星と交信しようとする宇宙帝国の陰謀を叩き潰せ!

皇帝に戦闘能力はありません。
頼りになるのは陰謀のみ!
しかし…。
光の道は全部潰され、UFOも解除。
なんとか内蔵摘出装置の森まで逃げようとする皇帝でしたが、
「持ち逃げ」されて思うように進めません。
SCテクノマンサーが必死でバンドエイドを貼ろうとするも、傷は思いの他深く…。
「あっ」と言う間に皇帝崩御。
PCはついにランク2になりました。
うう、きつい…。

※使ったマップ
1    3−4
|   |
5    7
|   |
9    11
|  /|\
13−14−15−16

1:月《内臓摘出装置x2》
3:アンテナ《SCテクノマンサー、内臓摘出装置x2》
4:母船《皇帝、UFO、内臓摘出装置x2》
5:大気圏《光の道》
7:展望台《光の道》
9:東京上空
11:展望台《SCシューター、光の道》
13:駐車場(オープン、スタート地点)
14:基部(オープン)
15:ろう人形館《光の道》
16:基部

東京タワーそのまんまです。
13、14と開けておいたおかげで9方向にPLの目は向きませんでした。
しかし、調査中に5以外の《光の道》が解除された時点で終わってましたorz
posted by かにぱんだ at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

次回更新予定

次回は26日更新予定です。
内容は調査パートの続き&宇宙帝国トライアルです。
しばしお待ちを。
posted by かにぱんだ at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

プレイレポート 「トライアル/トーテンタンツ」

シナリオ2本用意して行ったら一本目をわずか30分でクリアされてしまい途方に暮れる俺(新記録)。
気を取り直しての2本目は、トーテンタンツのトライアルシナリオです。
ゾンビといえばショッピングモール! ということで、PCたちはショッピングモールにあるらしいトーテンタンツの隠れ家を叩き潰しに行きました。

こっそり隠しておいたゾンビパウダーもばれることなく、
ボス(メアリ・シェリー)x1、レブナント・シューターx3、ゾンビx2+8の大軍団がPCに襲い掛かります。
しかし、さすがはLv4にカスタマイズされたPC。つええ。
メアリの腹とか腹とか腹にクマ(エンフォーサー/H)のベアハッグがガンガン決まります。
やヴぁい、死ぬる。まだゾンビ6体しか増やしてないのに!
しかし、止めを刺したのはクマではありませんでした。
ワラビー(シューター/T)「スナイパーライフルで攻撃! おっと腕にクリティカルだYO!」
腕を吹っ飛ばされて即死するメアリ。
憤るのはクマ。
クマ「俺がさんざん削ったのに、倒したのはお前のラッキーヒットだと!?」
そう、前回のシナリオでもとどめをワラビーに持って行かれていたのです。不憫だ。
そんなクマの願いを受けてか、ワラビーはゾンビにボコられて昇天。

しかし、反撃はそこまで。クリティカルで即死するシューターBとC。
こうなったら誰もやつらを止められません。
あえなくゾンビは全滅。トーテンタンツ本部は崩壊したのでありました。

次は宇宙帝国のトライアルだ! 今度こそがんばる!
posted by かにぱんだ at 01:48| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月15日

調査パート解説 その1

調査パートでできる主な行動は
 「進行」 進行度を上げます
 「発見」 リンクを発見します
 「調査」 隠された陰謀を探します
 「解除」 陰謀を解除します
 「移動」 エリアを移動します
の、5種類です。

「進行」
 ランク1だと以下の能力になります。
  エンフォーサー「拷問※」
  インスペクター「パターン観察」
  テクノマンサー「分析」
  ディプロマト 「聞き込み」
  タイプS   「嗅ぐ※」
  タイプH   「威圧※」
  タイプT   「味見※」
  タイプF   「甘え鳴き※」「打ち明け話」「ついていく」
  タイプW   「落とす※」
  アスペクト  「覗き込み」「頬袋」「鸚鵡返し」
  自動取得能力 「勘付く※」
 ※印のついているものは、「○○破壊」や対応する能力値が低かったりして使いづらいものです(以下同様)。
 何はともあれ「進行」です。タイプTの陰謀解除役以外は進行できる能力を1〜2個アクティブにしておくべきでしょう。
 シューターのタイプWなんて選んでしまうと、調査パートはほぼ何もできません。
 足りないと思ったら、「勘付く」をカスタマイズして特性をつけると良いでしょう。
 よく聞かれる意見として、『一切移動せず、最初のエリアで「進行」していれば良いのでは』というのがあります。
 もちろんそれは可能ですが、その場合は陰謀を解除することが一切出来ません。
 致命的な陰謀があった場合、パーティは著しく不利な状況に置かれるでしょう。

「発見」
  インスペクター「しまい込む※」
  ディプロマト 「道案内」
  タイプH   「暴れる」
  タイプT   「隠す」
  タイプF   「外遊び※」
  アスペクト  「掃除」「ゴミ漁り」  
  ジェネリック 「表の顔※」
 進行に比べると、ぐっと減りました。<対象:場所>なのが「暴れる」と「掃除」しかありません。
 豚をやりたがる人はあんまりいないと思うので、タイプHがいないとまったくリンクが発見できない可能性があります。

「調査」
  インスペクター「サヴェッジスキャナ」
  タイプT   「走り回る」
 どんどん少なくなります(笑)
 ジェネリックの能力に無いのが厳しいです。
 調査できないと、調査パートで陰謀が解除できなくなるので(戦闘パートなら可能)シナリオクリアが難しくなります。
 ランク1ならゾンビパウダーは確実に解除しておきたいです。

「解除」
  タイプT   「齧り切る」
  ジェネリック 「ニッパー※」
 これだけです。つまり、タイプTがいないと、最初のシナリオではまず陰謀を解除することができません。
 2回目以降なら誰かがニッパー+(特性をつける)を取ればなんとかなります(リトライした場合は貢献度が低くなるので3回目以降でないと取れませんが)。
 陰謀は強力なものが多いので、パーティに一人は解除役を入れるようにしましょう。

「移動」
 色々ありますが、巻き込みがついていなければ無理に使う必要はありません。うろつくで十分です。
 うろつくは<特性:なし>なので戦闘パートで重傷を受けても移動できる強みがあります。
posted by かにぱんだ at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月14日

サヴェッジ・サイエンスとは(仮)

HOBBYBASEから発売されたTRPGです。
プレイヤーはセリアントロープと呼ばれる獣人スパイとなって、悪の組織<異端>の陰謀を叩き潰します。

《特徴》
・ロールしなくて良いので演技が苦手なGMやPLも安心!
・使うダイスは12面体一個だけなので荷物が少なくてすみます!
・オブジェクトを配置しただけでシナリオが完成するのでGMの負担が少ない!
・キャラ作成は2種類の要素を選ぶだけなので簡単!

などなど、普段TRPGをあんまりやらない人でも簡単に始めることができます。俺とか。

《ゲームの進行》
このゲームは、「調査パート」「戦闘パート」の2つから成っています。
「調査パート」で証拠を集め、「戦闘パート」で<異端>と戦います。

《調査パート》
「調査パート」はそのエリアで起こっている事件が、本当に<異端>の仕業か調べるパートです。
とは言っても、必ず<異端>の仕業です。
じゃあなんでわざわざ調べるのか。
PCは人間形態か原種形態(動物の姿)で事件を調べていきます。
PCは、本部の許可がないと戦闘形態(いわゆる狼男とか、人間と動物が混ざった姿)になれません。戦闘形態でないPCは、動物並み、人間並みのパワーしか発揮できません。
そして、本部は「絶対にこれは<異端>の仕業だ!」とならない限り、戦闘形態への変身を許可してくれません。
つまり、上を納得させる証拠集めのために仕方なく捜査するのです。

それだけではありません。<異端>はあちこちに「陰謀(ようするにトラップ)」を仕掛けています。
「調査パート」で「陰謀」を発見して解除するのもPCの役目です。
「陰謀」を放っておくと、通常戦闘パートで非常に不利な状態に陥ります。
posted by かにぱんだ at 20:25| Comment(1) | TrackBack(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。